損害賠償額の算定基準の違い | 交通事故相談弁護士サポートスマホサイト

損害賠償額の算定基準の違い(メリット1)

交通事故の損害賠償額の算定基準で使われているものは3種類あります。一般的に保険会社は弁護士が主張する裁判基準(弁護士基準)の金額よりも低い金額で賠償金を提示してくることが多く、裁判基準(弁護士基準)の金額の賠償を受けるのには、弁護士への依頼や、裁判等が必要になることが多いのです。

3つの算定基準

自賠責保険基準 自賠責保険の算定に利用する基準
任意保険基準 各保険会社が定めている基準
裁判基準(弁護士基準) 裁判所および弁護士が使用する基準

裁判基準(弁護士基準)は財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部が発行している民事交通事故訴訟損害賠償算定基準(通称、赤い本)などに掲載されている算定基準が使用されます。

任意保険基準は公開されていませんが、保険会社が自社で定めている基準で、通常は自賠責基準より高く、裁判基準(弁護士基準)より低い設定となるのが一般的です。

弁護士に依頼された場合、裁判基準(弁護士基準)で加害者に損害を請求していきますので、裁判基準(弁護士基準)を前提とした示談交渉が行われ、任意保険基準より増額する可能性が高まるのがメリットです。