弁護士費用特約について | 交通事故相談弁護士サポートスマホサイト

ご自身の自動車保険に弁護士費用特約が付いていれば弁護士費用を賄えます(メリット3)

車両対車両の交通事故でお互いに過失があるケースではご自身の加入している保険会社に交通事故の処理を任せられます。しかし、被害者側に過失がない場合には保険会社は処理をしてくれませんので、ご自身で交渉をする必要があります。被保険者の過失がない場合は、保険会社には保険金支払いの義務がないため、法律では保険会社が示談の代行をできないのです。

このようなケースで有効なのが、自動車保険の弁護士費用特約です。ご自身が加入中の保険(家族が加入している保険でも適用されるものも多くあります)にこの特約が付いていれば、加入している保険会社が弁護士費用を最大300万円まで負担してくれるというのが一般的な保険内容です。また、物損でも使用できる内容の保険が多いようです。弁護士費用特約は赤信号などで停車中に追突されたケース、横断歩道で歩行中に信号無視の車に撥ねられたといった車に関わる事故において相手に全ての過失がある場合で、なかなか損害賠償請求に応じてくれない時などに役立ちます。

近年ではこの弁護士費用特約をご利用するケースが増えています。弁護士に依頼するメリット1、メリット2でご説明した内容から考えて、保険で弁護士費用が賄えるのであれば弁護士に依頼したほうがよいと考えている方は多いのだと思います。弁護士費用特約を使用できるのは、保険会社指定の弁護士に限られませんので、ご自身で交通事故の示談交渉を任せたい弁護士に依頼することができます。是非当事務所にご相談ください。