数字で見る交通事故 坂東市(平成28年)

茨城県坂東市の人口は、住民基本台帳によると55,270人です(平成29年10月現在)。また、茨城県内での人口順位は18位です(平成29年9月現在)。
坂東市の交通事故について、茨城県警から発表された統計データなどを中心に紹介します。ちなみに坂東市を管轄する警察署は境警察署です。
https://www.pref.ibaraki.jp/kenkei/station/sakai/index.html

茨城県の交通事故

平成28年に発生した茨城県内の物損事故を除いた人身交通事故の発生状況は次のとおりです(茨城県警察本部交通総務課)。
平成28年の人身交通事故発生件数は「10,455件」です。負傷者数は「13,441人」になります。
死亡事故件数は「146件」で、死者数は「150人」です。

死亡事故多発都道府県のワースト順位では、茨城県は「8位」でした。
ちなみにワースト1位は愛知県の死者数212人、2位が千葉県(185人)、3位が大阪府(161人)、4位が東京都(159人)、5位が北海道(158人)、6位が兵庫県(152人)、7位が埼玉県(151人)、9位が福岡県(143人)、10位が神奈川県(140人)と続きます。
また、人口10万人あたり死者数ではワースト11位(5.16人)で、全国平均の3.07人を大きく上回っています。

坂東市の人身交通事故は「152件」

平成28年の1年間で、坂東市内で発生した交通事故を見ます。
坂東市の人身交通事故の発生件数は「152件」でした。
平成27年は166件だったため14件の減少(8.433パーセント減)です。しかし、県全体では11,613件(平成27年)から10,455件と、全体で10パーセント減少したため、坂東市の減少率は平均よりも少なくなっています。

坂東市の交通事故死者数は「4人」、負傷者数は「192人」

坂東市での交通事故による死亡事故件数は「4人」でした。
また、負傷者数は「192人」でした。

坂東市で平成28年に起きた死亡事故

坂東市内で発生した個々の死亡事故のデータを順番に見てみましょう。

5月1日(日)の死亡事故

→午後1時45分、坂東市矢作の市町村道で交通事故が発生しました。
この交通事故により、高齢(65歳以上)の歩行者が死亡しています。

6月21日(火)の死亡事故

→午前4時30分、坂東市沓掛の県道(結城坂東)で交通事故が発生しました。
この交通事故により、横断していた高齢の歩行者が死亡しています。

11月28日(月)の死亡事故

→午後4時、坂東市長谷の広域農道(ライブライン)で、四輪車同士の正面衝突の交通事故が発生しました。
この交通事故により、四輪車を運転していた高齢者が死亡しています。

12月14日(水)の死亡事故

→午後2時15分、坂東市寺久の国道354号で、四輪車同士の正面衝突の交通事故が発生しました。
この交通事故により、四輪車を運転していた成人(25~64歳)が死亡しています。

全国的に高齢者が関係する事故が相次いでいますが、坂東市でも交通事故死亡者の4人中3人が高齢者となっています。

坂東市の過去5年間の交通事故死亡者数は「12人」

平成24年から28年までの、過去5年間で坂東市の交通事故で亡くなった方の数を見ます。
坂東市の交通事故死者数は、平成24年に4人、平成25年に1人、平成26年に3人、平成27年はゼロ、平成28年は4人でした。過去5年間の交通事故死者数の合計は「12人」でした。

坂東市の交通事故死者数のワースト順位は県内「15位」

次に、茨城県全域の市町村と坂東市との、交通事故による死者数を比較します。
まず、茨城県警察本部(交通総務課)が発表した茨城県の平成28年の交通事故死者数をワースト順に並べると、次の表のようになります。

平成28年の茨城県内の市町村別・交通事故死者数

市町村死者数ワースト順位市町村死者数ワースト順
水戸市13人1位行方市2人23位
古河市10人2位八千代町2人23位
鹿嶋市8人3位つくばみらい市2人23位
神栖市8人3位境町2人23位
土浦市8人3位大洗町1人28位
つくば市8人3位城里町1人28位
筑西市8人3位那珂市1人28位
常陸太田市7人8位大子町1人28位
下妻市7人8位北茨城市1人28位
茨城町6人10位鉾田市1人28位
笠間市5人11位潮来市1人28位
ひたちなか市5人11位阿見町1人28位
稲敷市5人11位常総市1人28位
取手市5人11位高萩市0人-
東海村4人15位龍ヶ崎市0人-
常陸大宮市4人15位河内町0人-
結城市4人15位牛久市0人-
坂東市4人15位美浦村0人-
かすみがうら市3人19位五霞町0人-
石岡市3人19位守谷市0人-
小美玉市3人19位利根町0人-
桜川市3人19位高速道路0人-
日立市2人23位合計(平均)150人-

茨城県警察本部交通総務課の発表を基に独自作成
※市町村は平成28年12月末現在の区分

市町村別の交通事故死者数を比較すると、坂東市のワースト順位は15位です。
県全体の死亡者数が150人なので、坂東市の死亡者数(4人)の割合は2.67パーセントになります。

人口10万人あたりのワースト順位は「13位」

交通事故を比較する際、市町村ごとの人口が異なるために、人口10万人あたりで計算して比較する方法があります。これをワースト順に並べたのが次の表です。

平成28年の茨城県内の市町村別・人口10万人あたり交通事故死者数

市町村10万人当たり死者数ワースト順位市町村10万人当たり死者数ワースト順
茨城町18.37人1位 水戸市5人24位
下妻市16.28人2位 取手市5人25位
常陸太田市13.6人3位 つくばみらい市4人26位
稲敷市12人4位 石岡市4人27位
鹿嶋市12人5位 つくば市3人28位
東海村11人6位 潮来市3人29位
常陸大宮市10人7位 ひたちなか市3人30位
八千代町9人8位 北茨城市2人31位
神栖市8人9位 阿見町2人32位
境町8人10位 鉾田市2人33位
結城市8人11位 那珂市2人34位
筑西市8人12位 常総市2人35位
坂東市7人13位 日立市1人36位
かすみがうら市7人14位 高萩市0人-
桜川市7人15位 龍ヶ崎市0人-
古河市7人16位 河内町0人-
笠間市7人17位 牛久市0人-
大洗町6人18位 美浦村0人-
小美玉市6人19位 五霞町0人-
行方市6人20位 守谷市0人-
土浦市6人21位 利根町0人-
大子町6人22位 高速道路-
城里町5人23位 合計(平均)5.16人-

茨城県警察本部交通総務課の発表を基に独自作成
※市町村は平成28年12月末現在の区分

人口10万人あたりで見ると、坂東市の死亡者数は「7人」となり、ワースト順位は13位に上がります。県全体の平均が「5.16人」ですから、平均よりも多いことがわかります。
この計算はあくまで理論値ですが、実際の死亡者数と比較することがポイントです。

たとえば、実際の死亡者数がワースト1位(13人)の水戸市を人口あたりの死者数で見ると、ワースト順位は24位(5人)になり、人口あたりの死亡率は下がります。
いっぽうで、実際の死亡者数がワースト10位(6人)の茨城町を人口あたりの死者数で見ると、ワースト1位(18.37人)となります。
このように、人口と交通事故件数や交通事故死者数で比較すると、その市町村の特徴が見えてくる場合があります。

数字で見る交通事故 平成29年(2017年)の茨城県坂東市の交通事故はこちら

予約専用受付

0280-21-1551(相談受付時間 平日平日9:00~21:00・土日祝日9:00~21:00)

交通事故の被害に遭われて、お困りの方を地元の頼れる弁護士がサポートします。

ご予約で夜間も相談対応いたします。

フォームからのご予約

5人の頼れる身近な弁護士がサポートいたします。

このページの先頭に戻る