数字で見る交通事故 茨城県下妻市(平成28年)

茨城県下妻市は、人口は42,705人の茨城県南西部に位置する田園都市です(人口は下妻市発表。平成29年10月1日現在)。
下妻市で平成28年に発生した交通事故について、警察庁や茨城県警から発表された交通事故の統計データや情報などを参考に、独自に解説していきます。
なお、下妻市を管轄する茨城県警察の警察署は、下妻警察署です。
https://www.pref.ibaraki.jp/kenkei/station/shimotsuma/index.html

県全体の人身交通事故の発生件数は「1万件」、死者「150人」

茨城県警本部の発表によると、平成28年に発生した茨城県内の物損事故を除いた人身交通事故の発生状況は「10,455件」、死者数は「150人」、負傷者数は「13,441人」です。
死亡事故多発の都道府県ワースト順位では、茨城県は全国「8位」(全国死者数の合計3,904人)。人口10万人あたり死者数ではワースト11位(5.16人)で、全国平均の3.07人を大きく上回っています。

下妻市の人身交通事故は「127件」、県内ワースト「28位」

平成28年の1年間に下妻市内で発生した交通事故を見ましょう。
下妻市で発生した交通事故の内、死者や負傷者が発生した人身交通事故の発生件数は「127件」でした。前年の平成27年の統計を見ると、下妻市の人身事故発生件数は158件だったので、前年比でマイナス31件となりました。
発生事故件数を独自にワースト順位で集計しなおすと、平成27年は県内ワースト26位だったのに対し、平成28年は「28位」となっています。

交通事故の負傷者数は「160人」、県内ワースト「29位」

次に平成28年に下妻市内で発生した交通事故の負傷者数を見ます。
下妻市で発生した交通事故の内、平成28年の負傷者数は「160人」でした。前年に同市内で発生した交通事故負傷者数は200人でしたので、前年比マイナス40人となりました。
負傷者数のワースト順位を集計しなおすと、平成27年が県内ワースト25位だったのに対して、平成28年は「29位」になりました。

死亡事故件数「7件」、死者数「7人」

平成28年に下妻市で発生した死亡事故件数は「7件」で、死者数は「7人」でした。これは死亡事故1件につき、1人の死者が出たことになります。
平成27年の同市内の死亡事故件数は2件、死亡者数は2人でした。したがって、1年間で死者数で5人増えたことになります。
県内のワースト順位を見ると、死亡者数・死亡事故件数ともに「8位」です。負傷者数とくらべると死亡者数が多い傾向であることがわかります。
ちなみに平成27年の交通事故死亡者・死亡事故件数のワースト順位は「22位」でした。このことからも死亡事故の急増傾向に注意を払う必要があります。

下妻市は死者数ワースト「8位」、県内で「4.67パーセント」

次に、茨城県全域の市町村と下妻市の交通事故による死者数を比較します。茨城県警察本部(交通総務課)が発表した茨城県の平成28年の交通事故死者数をワースト順に並べると、次の表のようになります。
県全体の死亡者数が150人だったので、下妻市の死亡者数(7人)が茨城県の交通事故死者数で占める割合は「4.67パーセント」になります。

平成28年の茨城県内の市町村別・交通事故死者数

ワースト順 市町村 死者数 ワースト順 市町村 死者数
1位 水戸市 13人 23位 行方市 2人
2位 古河市 10人 23位 八千代町 2人
3位 鹿嶋市 8人 23位 つくばみらい市 2人
3位 神栖市 8人 23位 境町 2人
3位 土浦市 8人 28位 大洗町 1人
3位 つくば市 8人 28位 城里町 1人
3位 筑西市 8人 28位 那珂市 1人
8位 常陸太田市 7人 28位 大子町 1人
8位 下妻市 7人 28位 北茨城市 1人
10位 茨城町 6人 28位 鉾田市 1人
11位 笠間市 5人 28位 潮来市 1人
11位 ひたちなか市 5人 28位 阿見町 1人
11位 稲敷市 5人 28位 常総市 1人
11位 取手市 5人 - 高萩市 0人
15位 東海村 4人 - 龍ヶ崎市 0人
15位 常陸大宮市 4人 - 河内町 0人
15位 結城市 4人 - 牛久市 0人
15位 坂東市 4人 - 美浦村 0人
19位 かすみがうら市 3人 - 五霞町 0人
19位 石岡市 3人 - 守谷市 0人
19位 小美玉市 3人 - 利根町 0人
19位 桜川市 3人 - 高速道路 0人
23位 日立市 2人 - 合計(平均) 150人

茨城県警察本部交通総務課の発表を基に独自に作成。市町村は平成28年12月末現在の区分。

人口10万人あたりの死者数はワースト「2位」

交通事故を比較する際、市町村ごとの人口が異なるために、人口の多い市と人口の少ない市では単純にくらべることはできません。そこで交通事故のデータを人口10万人あたりで計算して比較する方法があります。
この計算はあくまで理論値になりますが、次のように実際の死亡者数と比較することで市町村の規模に応じて事故を比較することができます。
たとえば、実際の死亡者数がワースト1位(13人)の水戸市を人口あたりの死者数で見ると、ワースト順位は24位(5人)になり、人口が集中している割には死亡事故は平均的だということがわかります。
この人口10万人あたりの県内の交通事故死亡者数をワースト順に作成したのが次の表です。

平成28年の茨城県内の市町村別・人口10万人あたり交通事故死者数

ワースト順 市町村名 人口10万人当たりの交通事故死者数 ワースト順 市町村名 人口10万人当たりの交通事故死者数
1位 茨城町 18.37人 24位 水戸市 5人
2位 下妻市 16.28人 25位 取手市 5人
3位 常陸太田市 13.6人 26位 つくばみらい市 4人
4位 稲敷市 12人 27位 石岡市 4人
5位 鹿嶋市 12人 28位 つくば市 3人
6位 東海村 11人 29位 潮来市 3人
7位 常陸大宮市 10人 30位 ひたちなか市 3人
8位 八千代町 9人 31位 北茨城市 2人
9位 神栖市 8人 32位 阿見町 2人
10位 境町 8人 33位 鉾田市 2人
11位 結城市 8人 34位 那珂市 2人
12位 筑西市 8人 35位 常総市 2人
13位 坂東市 7人 36位 日立市 1人
14位 かすみがうら市 7人 - 高萩市 0人
15位 桜川市 7人 - 龍ヶ崎市 0人
16位 古河市 7人 - 河内町 0人
17位 笠間市 7人 - 牛久市 0人
18位 大洗町 6人 - 美浦村 0人
19位 小美玉市 6人 - 五霞町 0人
20位 行方市 6人 - 守谷市 0人
21位 土浦市 6人 - 利根町 0人
22位 大子町 6人 - 高速道路 0人
23位 城里町 5人 - 合計(平均) 5.16人

茨城県警察本部交通総務課の発表を基に独自に作成。市町村は平成28年12月末現在の区分

計算に用いた下妻市の人口総数は42,996人でした(『平成28年版 統計しもつま』より)。そこから人口10万人あたりの死者数を計算すると、「16.28058人」となります。
下妻市の人口10万人あたりの死亡者数は約「16人」となり、県全体での交通事故死亡者のワースト順位は2位になります。
県全体の平均値を計算すると「5.16人」ですから、市の人口規模に対しての死者数が多く、また平均よりもはるかに多いことがわかります。

数字で見る交通事故 平成29年(2017年)の茨城県下妻市の交通事故はこちら

予約専用受付

0280-21-1551(相談受付時間 平日平日9:00~21:00・土日祝日9:00~21:00)

交通事故の被害に遭われて、お困りの方を地元の頼れる弁護士がサポートします。

ご予約で夜間も相談対応いたします。

フォームからのご予約

5人の頼れる身近な弁護士がサポートいたします。

このページの先頭に戻る