数字で見る交通事故 栃木市(平成28年)

栃木県警や栃木市役所などが公表している統計データをもとに、平成28年(2016年)に発生した栃木市の交通事故のデータをさまざまな角度からご紹介します。
なお、栃木市の人口は158,383人で、栃木県の人口は1,967,457人(平成28年現在)。栃木市の人口は県のおよそ8%を占めています。
栃木県全体の交通事故の発生件数は「5,484件」(平成28年)。死亡事故の死者数は「76人」、負傷者数は「6,882人」でした。

栃木市の交通事故は「366件」、県内「6.7%」を占める

平成28年(2016年)の栃木市での交通事故の発生件数は「366件」でした。栃木市の交通事故の発生件数は、県全体の「6.7%」を占めています。

交通事故発生件数は県内でワースト1位が宇都宮市(1,738件)、2位が足利市(606件)、3位が小山市(457件)、4位が佐野市(405件)で、ワースト5位に栃木市が入りました

さらに詳しくデータを見ましょう。市町村ごとでは人口規模に差があるので、人口10万人あたりの事故発生件数で比較する指標があります。そこで、さっそく人口10万人あたりで交通事故の発生件数を見てみます。

栃木市の交通事故の発生件数は、人口10万人あたり「231件」となり、栃木市の交通事故発生件数の県内ワースト順位は「10位」となっています。

栃木市の死者数は県内ワーストの「11人」

栃木市内の交通事故死者数は「11人」でした。これは県全体の交通事故死者数の14.5%を占めており、県内の死者数の「ワースト1位」です。

ちなみに、死者数の県内ワースト2位は宇都宮市(10人)、3位は那須塩原市(6人)、4位は小山市(5人)です。

なお、栃木市の人口10万人あたりの死者数を計算すると「6.9人」になります。

人口10万人あたりの県内ワースト順位を見ると、ワースト1位は塩谷町(17.9人)。ワースト2位は高根町(13.6人)、矢板市(9.1人)、さくら市(8.9人)、那須町(8.1人)、野木町(7.9人)と続き、ワースト7位に栃木市が入りました。

栃木市の負傷者数は「450人」で県内ワースト「5位」

栃木市の交通事故による負傷者数は「450人」でした。負傷者数では県内「ワースト5位」で、県全体の6.5%を占めています。

ちなみに、負傷者数のワースト1位は宇都宮市(2,125人)、2位は足利市(754人)、3位は小山市(572人)、4位は佐野市(502人)でした。

人口10万人あたりの負傷者数では「284.1人」で、栃木市は県内ワースト順位で「12位」でした。

栃木市の交通事故の推移

栃木市役所交通防犯課によると、栃木市の交通事故の推移は以下のとおりです。
発生件数や負傷者数を見ると、減少の傾向が見られます。

栃木市の交通事故発生状況の推移

発生件数 死者数 負傷者数
2012年(平24) 554件 4人 687人
2013年(平25) 479件 10人 577人
2014年(平26) 402件 8人 487人
2015年(平27) 400件 10人 496人
2016年(平28) 366件 11人 450人

栃木市では8月にもっとも多く交通事故が発生

2012年から2016年の交通事故発生状況を月ごとに見ると、栃木市では7月がもっとも多く、5年間で220件の交通事故が発生しています。
夏は日照時間が長くなり、歩行者が多くなることも原因と思われ、昨今の夏場の暑さから注意力が散漫になることも考えられます。なお、栃木県全体では12月にもっとも多く交通事故が発生しています。

栃木市内の事故多発地域

栃木県警では事故事件マップを公開しています。
(下記URLからアクセスが可能です)

http://www.machi-info.jp/machikado/police_pref_tochigi/infopage.html

この栃木県警のサイトの「交通事故発生状況マップ」を見ると、県道31号線、県道309号線など、広範囲に渡って事故発生件数が多いのが特徴です。
特に重傷者が発生するような大きな事故は、栃木駅から新栃木駅の範囲を含む、栃木市の中央部に比較的多く発生しています。これは、スーパーやホテルなどの商業施設や公共施設などが集中していることとの関係も考えられます。

予約専用受付

0280-21-1551(相談受付時間 平日平日9:00~21:00・土日祝日9:00~21:00)

交通事故の被害に遭われて、お困りの方を地元の頼れる弁護士がサポートします。

ご予約で夜間も相談対応いたします。

フォームからのご予約

5人の頼れる身近な弁護士がサポートいたします。

このページの先頭に戻る